リスニングスピーキング強化コースとは

現地英語の速さについていくために、短縮形や脱落の規則を耳から学びます。

スーパーネイティヴのノーマルスピードの発音をリスニングし、リピートすることによりリスニング力と発音・語の連結・リズムとイントネーションを再強化する


ダウンロード

リスニングで言われたことを理解するまでに、脳は、最初に聞いたことを一つ一つの音でとらえ、次に音を組み立てて単語や文にしていきます。リスニングに重要なのは、以下の通り、音の理解であることが分かります。また、スーパーネイティヴ英語を理解するためには、5.が不可欠です。


発音リスニングスピーチ本格完成コースでマスターしたこと

1.   発音リスニング本格完成コース (ネイティヴのプレゼンまでの理解)   英語の音の基本である音素(発音記号)を理解する。

2.   単語のアクセントを理解する。

3.   文のリエゾン(語の連結)を理解する。

4.   リスニングスピーキング強化コース (現地の英語の理解)   文のリズムとイントネーションを理解する。


リスニングスピーキング強化コースで学ぶこと

5.   現地ネイティヴの音の脱落・省略の習慣を理解する


音の脱落・省略には一定の規則があり、その規則をACE PROは科学的に分析しました。理論を理解し聞いてみることでそのルールを把握することができますが、同時に発音することで、規則を完璧に身につけられます。それは、自分で発音した音は自分の耳で聞き取ることができるから、正しく発音出来るということは、そのルールを体で理解したということになるからです。そして、リスニング力が向上すると同時に、スーパーネイティヴの発音ができるようになります。

ダウンロード

指導の違い


ex) I could not have done it along.  一人ではそれをできなかっただろうに。


ダウンロード
ダウンロード

リスニングスピーキング強化コース指導内容

1.スーパーネイティヴ(現地英語)の規則を理解し、聞き取り、正確に発音する

2.スーパーネイティヴ発音のためのインナーマッスルの使い方をマスター 

3.スーパーネイティヴのリズムとイントネーションをマスター

 

受講対象者

発音リスニング本格完成コースを終了した方

選択英語

アメリカ英語・イギリス英語

講師

ネイティヴと日本人のティームティーチング

クラス体制

1.完全プライヴェイト

2.2名グループ

 ※ Zoom授業も可能です。(完全プライヴェイトのみ)

授業時間

通常、授業は1回2時間です。

 

日程・時間帯

毎日(日~月) 開始時間午前8時開始から午後8時開始まで

授業は予約制で、プライヴェイトの場合、不定でも構いません。

全時間数アメリカ英語 24時間        イギリス英語 12時間

費用


ダウンロード

内容

1. 冠詞と数量形容詞

 a/an/the/some

2. 前置詞

 At/for/from/of/to/into/without/with

3. 人称代名詞

 I my me mine/you your yours/he his him his/she her hers her/it its it its/we our us ours/they their them theirs/

4. 接続詞

 and/as/than/or/but/so/becase/if/when/while/before/after/till/ntil/though/although

5. American English

5.1 flapped t

5.2 the last t

5.3 t after n

6. connecting /n/ as /N/

7. assimilation between words with: z-th, n-th, l-th, th-th, d-th

8. 人称代名詞+be動詞

8.1 I’m/You’re/He’s/She’s/It’s/We’re/They’re/I was/You were/He was/She was/It was/

    We were/they were

8.2 I’m not/You aren’t/He isn’t/She isn’t/I isn’t/We arent/They aren’t/I wasn’t/You weren’t/He wasn’t/She wasn’t/It wasn’t/We weren’t/They weren’t

8.3 Am I/Are you/Is he/Is she/Is it/Are we/Are they/Was I/Were you/Was he/Was she/Was it/Were we/Were they/?

8.4 Amn’t I/Aren’t you/Isn’t he/Isn’t she/Isn’t it/Aren’t we/Aren’t they/Wasn’t I/Weren’t you/Wasn’t he/Wasn’t she/Wasn’t it/Weren’t we/Weren’t they/?

9. 人称代名詞+一般動詞?

9.1 I do/You do/He does/She does/It does/We do/They do/I did/You did/He did/She did/It did/We did/They did/

9.2 I don’t/You don’t/He doesn’t/She doesn’t/It doesn’t/We don’t/They don’t/I didn’t/You didn’t/He didn’t/She didn’t/It didn’t/We didn’t/They didn’t/

9.3 Do I/Do you/Does he/Does she/Does it/Do we/Do they/Did I/Did you/Did he/Did she/Did it/Did we/Did they/?

9.4 Don’t I/Don’t you/Doesn’t he/Doesn’t she/Doesn’t it/Don’t we/Don’t they/Didn’t I/Didn’t you/Didn’t he/Didn’t she/Didn’t it/Didn’t we/Didn’t they/?

10. 人称代名詞+助動詞

10.1 (I/You/He/She/It/We/They) will/can/have/had/could/should/would

10.2 (I/You/He/She/It/We/They) won’t/can’t/haven’t/hadn’t/couldn’t/shouldn’t/wouldn’t

10.3 Will/Can/Have(Has)/Had/Could/Should/Would/(I/you/he/she/it/we/they)?

10.4 Won’t/Can’t/Haven’t(Hasn’t)/Hadn’t/Couldn’t/Shouldn’t/Wouldn’t/(I/you/he/she/it

/we/they)?

11. 疑問詞+人称代名詞

11.1 What(am I/are you/is he/is she/is it/are we/are they)? What(was I/were you/was he/was she/was it)?

11.2 What (can, could, should, would, have)(I/you/he/she/it/we/they)?

11.3 Who                                                                                                                                        

11. 助動詞+have+過去分詞

11.1 (I/You/He/She/It/We/They) could’ve/should’ve/would’ve/’d’ve/will’ve/’ll’ve

11.2 (I/You/He/She/It/We/They)couldn’t’ve/shouldn’t’ve/wouldn’t’ve/’d’n’t’ve/won’t’ve

/’lln’t’ve

11.3 Could/Should/Would/Will/(I/you/he/she/it/we/they) have+p.p.~?

11.4 Couldn’t/Shouldn’t/Wouldn’t/Won’t/(I/you/he/she/it/we/they) have+p.p.~?

12. 疑問詞+助動詞

12.1 What(am I/are you/is he/is she/is it/are we/are they/was I/were you/was he/was she/was it/were we/were they/?

12.2 What can/should/would/must/will/may/might(I be/you be/he be/she be/it be/we be/they be/I be)?

12.3 What can’t/ mustn’t/won’t/shouldn’t/wouldn’t/ (I be/you be/he be/she be/it be/we be/they be/I be)?

12.4 What can/ must/will//should/would/ (I /you /he /she /it /we /they /I) do?

12.5 What can’t/ mustn’t/won’t/shouldn’t/wouldn’t/ (I /you /he /she /it /we /they /I) do?

12.6 Who(am I/are you/is he/is she/is it/are we/are they/was I/were you/was he/was she/was it/were we/were they/?

12.7 Who can/ must/will/could/should/would/ (I be/you be/he be/she be/it be/we be/they be/I be)?

12.8 Who can’t/couldn’t/shouldn’t/wouldn’t/mustn’t/won’t/(I be/you be/he be/she be/it be/we be/they be/I be)?

12.9 Who can/ must/will/couldn’t/should/would/ (I /you /he /she /it /we /they /I) do?

12.10 Who can’t/ mustn’t/won’t/couldn’t/shouldn’t/wouldn’t/ (I /you /he /she /it /we /they /I) do?

12.11 When/How/Where/have,had, can, will, must, may, could, would, should/I, you, we, they/be; has,had, can, will, must, may could, would, should/he, she, it/be/?

12.12 When/How/Where/haven’t,hadn’t, can’t, won’t, mustn’t, couldn’t, wouldn’t, shouldn’t/I, you, we, they/be; hasn’t, can’t, won’t, mustn’t, couldn’t, wouldn’t, shouldn’t /he, she, it/be/?

12.13 When/How/Where/have, can, will, must, may, could, would, should/I, you, we, they, he, she, it/have been; has/he, she, it/ been/?

 

1. 選択英語

イギリス英語・アメリカ英語

  • イギリス英語
    母音全33個。発音記号とそれを含む単語350個および各発音記号を含むセンテンスをドッグプレスト ナチュラルスピードで最初からリエゾン(語の連結)をトレーニング。


    アメリカ英語
    母音全40個。発音記号とそれを含む単語400個および各発音記号を含むセンテンスをドッグプレストナチュラルスピードで最初からリエゾン(語の連結)をトレーニング。

                                  イギリス英語または アメリカ英語


    ダウンロード (3)
  • 2.ティームティーチング

    ネイティヴ講師と日本人講師の2名が生徒1名を教えます。グループレッスン(生徒2~3名)もあります。



    ダウンロード (4)
  • 3. オリジナルテキスト


     予習復習が完全に出来るように、すべての教材に、録音とヴィデオ教材がついています。


    1920タイル圧縮

コース案内

1.基本コース

2.プロフェッショナル発音コース


3. プレゼン準備コース


4. その他のプロフェショナルコース


お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合は電話窓口まで、

お気軽にお問い合わせください。

営業時間 10:00~22:00

Access


ACE PRO (エースネイティヴ発音リスニングスピーチ研修所)

住所

〒151-0066

東京都渋谷区西原3-36-11

オークハウスB棟
(代々木上原駅から徒歩3分)

Google MAPで確認する
電話番号

03-5738-7163

03-5738-7163

営業時間

10:00~22:00

定休日
代々木上原駅近くに教室を構え、医師や国際弁護士、外資系コンサルタントの方など、これまでにも幅広い生徒様にご利用いただいてまいりました。国際化が進む現代において、国際的に活躍するためには、ネイティブレベルのスピーキング能力が欠かせません。ビジネス英会話なども取り入れた本格的指導を行います。

特徴

サンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキスト

サンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキスト

Contact

お問い合わせ

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。

    Related

    関連記事