1.発音が悪いとどうなるか

発音が悪いと、全く通じませんし、また、全く聞き取れません。

日本人の発音では通じないことは、各種研究でも明らかになっています。

東京大学研究「米語母語話者を対象とした日本人英語の聞き取り調査(2007年度)

日本人大学生が、スペル・発音記号・強勢位置などの情報が視覚呈示された(文法的に誤まりの無い)英文を、自身が「正しく発声できた」と判断できるまで繰り返して発声・収録し、得られた音声試料を、およそ実環境下にある(日本人との接触が少ない)母語話者に(一度だけ)聴取させた場合、約半数の単語しか正確に伝わらなかった。

 

社団法人電子情報通信学会研究発表「発音が悪いと評価が下がります。」

今や国際化が進み、発音を知らなくても英文を作成し、国際会議で発表する機会が多くなっています。しかし、発音が悪いために日本の研究者の実際の研究の中身よりも低い評価を受けています。

金谷 健一  (岡山大学工学部情報工学科)

 

(特別公演)ここに注意しよう日本人の口語英語から

発音が悪いから、どんなによい研究発表でも、日本人は低い評価を受けがちである。正しい英語ならどんなに速話されても理解できるが、発音の誤りや日本式の不自然な抑揚の上に、速く読まれると理解できない。理解できる限界速度はその発声、発音のよさで決まる。 

 

シカゴ大学調査

ネイティヴは、発音が悪いと「信用しない」という結果が出ました。

 

 

特に、医学の国際学会で、日本人医師が発表した時、言っていることが全く分からないので、聴衆はスマホを使い始めたり、退場する人もいるそうです。発表が終わって、質疑応答になると、質問が聞き取れないのですが、無理して、頓珍漢な返答をするそうです。

 

多くの日本人が「発音の重要性」に気づいていないようです。

 

 2.ネイティヴが日本人の英語に受ける印象

ネイティヴから見た日本人英語の「致命的な(pathological)」特徴・共通点

 ネイティヴは日本人独特の日本語発音で、意味不明状態

 イントネーションのない平坦なしゃべり方で何を言っているかつかめない

 日本語の直訳で内容は不自然

 木のように体を真っすぐに固め、身振り手振り無しで、自分たちと違うと感じる

 小さな声で自信や説得力のない印象を受ける


3.発音は、留学すれば完璧か??

残念ながら、ただ留学しただけでは、発音は完璧にはなりません。脳の発達は4歳までで90%、12歳で完成すると言われています。留学前に、ACE PROメソッドを修得していれば、現地で毎日英語で会話できるので、錬磨できるでしょうが、留学して、毎日英語漬けになるのだから、大丈夫という考えは捨てないといけません。現に、ACE PROの生徒の半数が、ビジネススクールやロースクールの卒業生や、海外赴任経験者です。中には、親の仕事の関係で、中学から大学までアメリカにいた所謂帰国子女というケースもあります。

留学という経験から、日本企業では、英語を使う仕事に就くことが多く、実際苦労の連続で、ACE PROに来られています。


4.何故、発音の重要性に気が付かなかったのか

大学を含め中・高と発音をネイティヴ発音になるまで教わったことがないからです。たとえ、東大や京大でも、発音を教えていませんから、英語習得に発音が必要なことなど思ったこともないのです。

日本人のほとんどが、英語の発音を甘くみています。世界で英語が酷いと言われても、このままで何とかなると思っています。本当に、世界で戦う人以外、発音の重要性に気づいていません。エースの生徒は、大半がグローバルな仕事についている人ですので、気づかれた人です。

多くの英語をそんなに使わない日本人はベースとして、英語の発音について、次のように思っている傾向があります。

 

1.英語関係のコマーシャルが、英語の発音を最初にしろとはまったく言っていないから、発音の勉強は考えたことがない。

2.発音が英語の4技能の根本だということを知らないから、発音は勉強したことがない。

3.英語の発音は、真似してみればみにつく。

4.リスニングは聞きまくればうまくなる。

 

英語の発音をマスターするのは、日本人にとっては、テニスにおいての大坂なおみさんになるように、不可能に近いことです。それはど難しいことですが、それでもやらなければなりません。そして、毎日体を鍛えなければなりません。英語を話す以上、一生です。


5. 日本の英語教育と発音

日本の英語教育が悪いと言ってしまえばそれまでですが、文部科学省が本腰を上げて、英語教育改革をしてもらいたいですね。日本語がアメリカに負けて、占領下になった際に、アメリカが日本人の優秀さに気づいて、英語教育を変えたといううわさがありますが、戦前の英語教育でも、私立小学校では、良い教育をしていたようです。ちなみに、私の伯父は、慶応幼稚舎出身ですが、海外に一度も出たことがなかったのに、英語がペラペラで、戦後すぐに進駐軍の通訳をしていました。美智子前皇后も、海外留学経験はないのに、きれいなRPを話されますよね。戦前の英語教育は、今よりましだったかもしれません。

 

早く日本政府が、国民の英語力を上げるために、ACE PROに相談に来てもらいたいと、心から望む次第です。


コース案内

1.基本コース

2.プロフェッショナル発音コース


3. プレゼン準備コース


4. その他のプロフェショナルコース


お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合は電話窓口まで、

お気軽にお問い合わせください。

営業時間 10:00~22:00

Access


ACE PRO (エースネイティヴ発音リスニングスピーチ研修所)

住所

〒151-0066

東京都渋谷区西原3-36-11

オークハウスB棟
(代々木上原駅から徒歩3分)

Google MAPで確認する
電話番号

03-5738-7163

03-5738-7163

営業時間

10:00~22:00

定休日
代々木上原駅近くに教室を構え、医師や国際弁護士、外資系コンサルタントの方など、これまでにも幅広い生徒様にご利用いただいてまいりました。国際化が進む現代において、国際的に活躍するためには、ネイティブレベルのスピーキング能力が欠かせません。ビジネス英会話なども取り入れた本格的指導を行います。

Contact

お問い合わせ

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。

    Related

    関連記事